40歳までに結婚する方法

「30歳で独身の女性が40歳までに結婚できる確率は20%くらいらしいよ」
と、20代後半の時に聞いて、「そんな事言っても、私は適当な頃合いで結婚出来るよ」と、楽観的に考えていた事がありました。

それから30歳になり、30代の私はたくさん悩みました。
仕事も、人間関係も、その先の人生についても。

元々不安が土台にあり、だからこそ目の前の事をがむしゃらにやってきたので、
達成感というものがいつもありませんでした。
唯一嬉しいのは人から褒められた時。

人から褒められるために頑張ろうって思っていたけど、
今思うとそれは見えないものと戦っているようで苦しかったです。

もちろん褒められるって嬉しいけど、それが目的だと思ってしまうのは、
実は隠れた目的があるからです。

なんだと思いますか?

それは、自分が自分を認めていないから、
その代わりに人から認められる事で補っているのです。

そんな事を言っても、自分が自分を認めていない人って
自分では気付いていません!!

自分で気付かない代わりに、どこかに合図のようなものが出ています。
それが、私の場合は「結婚できない」ということに現れていました。

そりゃそうですよね。
「自分を認めて貰うために結婚する。」
って、結婚の目的がおかしいですもん。
そんなの相手も嫌がりますよ。

しかも自分で気付いていないから
言っている事と態度がちぐはぐだったり。

例えば、彼のためにお料理がんばる!って言っておきながら
料理頑張ってたら「褒めて!」と迫る。

褒めて貰うために料理を頑張る自分を
彼がだんだんとうっとおしく感じてしまう。

「相手が重い」って、思いが重いのではなく、
自分を押しつけるのが重く感じるということなんではないでしょうか。

私がそうだったから、そんな行動になる女性のことはよくわかります!!

そんな私が自分を認める事をしていったらどうなったかというと、
結婚が決まりました!

しかもお相手は、私の事をとても心から大切にしてくれて、
言葉と態度でそれを表現してくれます。

そういう相手に巡り合いたかったんです。

30歳で独身だからって、40歳で独身だからって、
自分が理想とする相手に出会えないはずはないんです。

何よりも、自分がフィルターをかけて、相手ではなく、自分を見えなくさせているんです。

自分を認めること。
それが自分にとって大切なことなのです。