人生に失敗なんてない!

人生に失敗なんてない。

という言葉を聴く度に「それは失敗したことがないから言えるんでしょ〜!」と思っていました。
数年前までは。

今思うのは、失敗だと思ったら全部失敗だし、失敗を活かそうと思ったら活かせるし、そもそも失敗なんて無いと思ったら失敗なんて存在しないんだということ。

つまり全部自分次第。

自分が自分の人生を「失敗だらけの人生」と意味づけしたらそう見えるし、
自分が自分の人生を「失敗を活かす人生」と意味づけしたらそう見えるし、
自分が自分の人生を「失敗なんて無い人生」と意味づけしたらそう見える。

事実ではなく単なる意味づけでしかないとしたら、自分だったらどんな人生を送りたいでしょうか?

私の人生は豊かなんだと思った時にふと広がった思いがあって、それは「もうそうなることが決まっていたんだ」ということでした。

運命的に「ここで受験失敗する。就職失敗する。ここで付き合う。ここで別れる」などが決まっていたとしたら、失敗は無いな〜と思ったのでした。
本当に運命があるかどうかは分かりません。

だとしても、自分の人生を失敗だらけの人生だと思って生きるなんてつまらないと思ったのです。
自分に人生の主導権があるのに、自分が決められない何かの力で「失敗」と「成功」を判断されているようで。

でも「そうなることが決まっていた」のだとしたら、失敗は無いのですよね。

そんな考えで自分の人生を振り返ると、今までに無い視点で見られて、何か発見があるでしょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする