ひとりぼっちのモヤモヤ孤独感から脱出する方法!

先日、友人たちが新たな取り組みを始めたとFacebookにUPをしていました。

私はこういう時に
「あ、私は入っていないんだ」と
勝手にひとりぼっちを感じ拗ねてしまいます。

他にもそういう思いを感じる時があり、
例えばfacebookで誰かが楽しそうな投稿をすると、
自分が孤独になったように感じてしまうのです。

誰かが楽しそうであっても
自分が孤独ではないのですが、
勝手にそう思ってしまうのです。

それを紐解くと幼い頃の体験が思い出されます。

小学校低学年の頃、両親がいる隣の部屋で
母と姉の笑い声が聞こえてきます。
それを隣の部屋で聞いている私は
ひとりぼっちなのです。
電気を消した部屋でベッドの中にひとりいるのです。

たまたまそういうシュチュエーションだったのに、
楽しげな輪には私は入れないという思い込みが出来上がってしまったようです。

でも、思い込みって怖いんです。
近くで楽しげな人がいると、勝手に子供の頃の孤独感が頭を巡るのです。
もちろんそれは無意識に。。。

だから今回も友人たちが楽しげにしている様子が
私の心には刺さってしまい、勝手にひとりぼっち感を味わってしまったのです。

頭では、「友人たちが楽しげ=自分が孤独」ではないとわかっていますが
子供の頃のあのシチュエーションを勝手に思い出してしまっていたのです。

けれども今回はちょっと違う事をしてみました。
ひとりぼっち感を充分自分の中で感じた後に
本気で友人たちの新しい取り組みがうまくいく事を願いました。

うまくいきますように。
成功しますように。
そしてその良い輪が広がりますように。

拗ねるのではなく、
孤独感に苛まれるのではなく、
モヤモヤするのではなく、
本気で成功を願いました。

そうしたら、スッと気持ちが晴れやかになったのです!!
子供の頃から味わってきたあのひとりぼっち感がなくなりました。

人が楽しそうにしているとモヤモヤしたり、
自分がつまらなく感じたり、
孤独感や寂しさを感じたら
ぜひともその相手が楽しい事に本気で喜んであげてみてください。

人の幸せを願える自分っていいな。
人と自分は違うってこういう事だ。

そんな事を感じられたら大成功です!

そして、そうやって自分を立て直せることができるあなたの人生がうまく行く事を
私は本気で願っていますよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする