勤務態度の悪い同僚とのギスギスした関係から毒素が抜けた(体験談)

<女性 会社員>

会社の同僚との関係が最近ギスギスしてきていると感じていました。相手の勤務態度がとてもルーズで、仕事上のミスも多く、またそれらのことを誠実に上に報告せず隠しているのを知ったこと、またそれをどうすることも出来ず見ているだけの自分にストレスを感じていました。
相手は変わらないと思い、自分がそのことにストレスを感じないでいられるにはどうしたらよいかと悩んでいたのです。

セッションはシンプルな質問に応えていく形で、自分の感情を整理しながらお話が出来ました。
今まで相手のだらしなさやズルさに私の意識が集中していましたが、別の面から相手を見ることができ、今までと違う気持ちが芽生えました。

相手に伝えるべきことを伝えられるか?という課題が今自分の中にあります。頭の中では、話す内容など整理してみていますが、実際お話できるかどうかまだ分りません。
セッション後は身体から毒素が抜けた感じがしています。

有難うございました。

市原冴也香
お互いの関係を相手の目玉から、相手の靴を履いて見られるようになることが、関係コンディショニングで感じられる効果のひとつです。
そうすると今までどうしても許せなかったことが「まあ、そういうこともあるよね」と感じられ、そしてそこからお互いの関係性に変化が生じていきます!

毒素がある状態は囚われて「いつもの状態」ではないので、抜けられてよかったです。
ありがとうございました!

上司との関係悪化で転職を繰り返していたが、その原因がわかりこれからに希望が持てた(体験談)

2016.12.06

ぶっちゃけず、腹を割らずに人間関係を劇的に変える!

人間関係で悩んでいませんか?そして人間関係で悩んでいるこの瞬間は重苦しい心持ちではないでしょうか?是非、今までに無い「関係コンディショニング」という人間関係のアプローチ手法でスッキリさせて、次に進んでください!