幸せな人生を自分の思い通りに!「焦り」を逆手に取る4つの方法

焦りとうまく付き合うと、自分が望んでいる未来が手に入ります!

焦りを無くしたい!と考えている方は多くいらっしゃると思いますが、焦りは無くさなくてもよいものです。無くさず、かと言って振り回されずに焦りと付き合い、自分が望んでいる未来を手に入れる方法をお伝えします。

焦りの理由はどのようなことですか?

今この瞬間に焦りを感じていらっしゃるとしたら、なぜご自分が焦っているか理由はご存知でしょうか?

例えば29歳独身女性の場合、この30代を目の前にした年齢は物事にとても敏感な年齢だと私は思っております。
30代を目の前にすると、結婚や転職や老後など今までしっかり向き合っていなかったものが見えてきて色々考えさせられるものがあるからでしょう。

けれども決してその焦っているときの自分が本来の自分ではありません。
焦れば焦るほど周りが見えなくなってしまうし、焦って本来の思考ではないままにしておくと、まったく望んでいない「焦った時に『こんなふうになったら絶対嫌だ!!!』と思った最悪の未来」がやってきてしまいます。

焦りとは
———————————————————————————————————————-
「あせること。いらいらする気持ち。焦慮。焦燥。「焦りの色を隠せない」」(goo辞書より)
———————————————————————————————————————-
ということですが、ここでは「いつもの自分でいられない状態」のことだとざっくり解釈したいと思います。

いつもの状態で無いということは、「いつもの状態」と「いつもの状態ではない」ということを自分自身では知っているということになりますね。
そして感情はとても賢くて、「本当はこうなったら良いのに」という状態も知っています。

私が人生で一番焦りを感じていたのは29歳の時で、1年間くらいずっと焦りを感じて落ち着きませんでした。

焦ったところでこの瞬間の世界は変わら無いのはわかっているのに焦ってしまうのですよね。
人生の大台の30歳を目の前にして、今後の自分が見えなくて、結婚した友人が羨ましい。そしてそんなことを感じてしまう自分すら嫌な人間に思えて情けなくなる、という感じでした。

焦りに振り回されて年上の友人の話を聞いたり、自分の未来を悲観したりしていました。めちゃくちゃ焦りに振り回されていたのです!!

焦っている時は最大パフォーマンスが出ますか?

焦るときは失敗したり、本来の力を出すことが出来ないと考えるのではないでしょうか。
それは、焦りにばかり目を向けて自分の本当の気持ちを確認していないからです。

自分の本当の気持ちに従うと、パワフルに未来を創っていくことが可能になります。

メッセージとは自分そのものからくるものです。

~をやらなきゃ、~べきは、不安そのものなので言うことを聞かないでください。
大切なのは~しよう!と奮い立つ感覚です。それを感じた時には体の中に力がみなぎり、やることがうまくいきます。
自分の人生だからこそ自分が望む通りに運びたくないですか?

そのために、自分の中のメッセージを焦りから掴む方法をお伝えします。

そのメッセージを知るためにやること4つ

自分の中からのメッセージをつかむための方法4つをお伝えしますので、是非実践なさって掴んでください!

その1:焦りに気付き、無理に他の事で気を紛らわせない

焦ってしまっているとき、ほかのことを考えたり、運動したり、ほかのことをしたりと気を紛らわせたくなるでしょう。しかし、焦りという感情は気を紛らわせても消えてなくなることはなく、自分が知らないところに蓄積されていきます。

そのため、焦りに気が付いたら「自分は今焦っているんだ」とただ感じてください。

ここは結構大きなポイントで、焦りを感じるとそこにどうしても引っ張られて冷静ではいられなくなります。その時こそ「あ、焦っているな」と気付けるかが大切になります。

その2:焦っている感情を十分に自分自身に感じさせる

次は「その1」とセットでやってみていただきたいことになります。

焦りやそれに付随する不安やモヤモヤした気持ちを体にいきわたらせてみてください。
焦りというのは感情です。感情は無くしてしまうと、ほかの感情も十分感じることが出来なくなってしまいます。

レーダーチャートを想像していただくと分かりやすいかもしれません。この感情のレーダーチャートはどこかの数値が低いと、他もつられて低くなってしまう仕組みになっています。
そのため、焦りという感情を十分味わってみてください。

これを行ってもご自分が焦りに支配されたり、現状が悪化するわけではありませんのでご安心ください。なお、十分に味わったら焦りは自然と消えていきます。

その3:深呼吸をする、マインドフルネスなどで気持ちを落ち着ける

次は「その4」の前段階となります。

目をつぶって、深呼吸をします。ただただ自分の呼吸に意識をします。
もしその時に何か頭の中に浮かんでくるようでしたら、流れる雲を見つめるように、それをただ見つめてください。何か考え事をする必要はありません。

今この瞬間に居るだけです。

その4:ふとこみ上げてくるもの(=メッセージ)をただ受け取る

「その3」を行っている際に、浮かんでくる言葉や思いがあれば、それが自分からのメッセージなのでつかんでください。
決して自分が故意に思うものではなく、自然とこみ上げてくるものをつかむようにしてください。

このメッセージこそ自分が幸せになるための、自分からのメッセージです!
焦りや不安等で感情が揺らいだ時こそ自分からのメッセージをつかむチャンスとして活かしてください。

最後に

焦りとうまく付き合って自分が望んでいる未来を手に入れるというと、突拍子も無いように感じられるかもしれません。
しかし感情というのは自分自身。だからこそ自分がどうしたら幸せであるかを一番よく知っています。

感情に振り回されず、自分が幸せになる糧をめいいっぱい掴んで、めちゃくちゃ幸せな未来を手に入れてくださいね!


ぶっちゃけず、腹を割らずに人間関係を劇的に変える!

人間関係で悩んでいませんか?そして人間関係で悩んでいるこの瞬間は重苦しい心持ちではないでしょうか?是非、今までに無い「関係コンディショニング」という人間関係のアプローチ手法でスッキリさせて、次に進んでください!