人間関係を劇的に変える方法は、のび太くんが教えてくれた


自分らしく輝くコツ、
無料プレゼント中!

※LINE公式を友だち追加後に「プレゼント」とメッセージを送るとお受け取りいただけます

 

あるところに、人間関係がうまくいかなくて悩んでいる女性がいました。

「私って人付き合いが苦手。こんなことすらうまくいかないって本当にイヤ。こんなどうしようもない自分を変えたい……」

 

女性には苦手なタイプの人がいました。

・高圧的で語気が強い人

・自慢をしてマウンティングしてくる人

・頭が良くて性格が良さそうな人

 

苦手なタイプの人と一緒にいると、バカにされたり、意地悪されたり、自分なんてと落ち込んだりしていました。

 

そこで、女性を見かねて仙人がある知恵を授けました。

「ドラえもんを見るのじゃ。テレビ版と映画版を見比べてみるが良い。特にのび太に注目するが良い。そこにお主が求めている人間関係を良くするヒントが隠されておる」

 

突然なぜドラえもん?

しかもテレビ版と映画版の両方?

のび太に注目ってどういうこと?

 

女性は戸惑いましたが、仙人の知恵だからと早速、映画版ドラえもんを見ることにしました。

 

さてドラえもんにはどのような人間関係のヒントが隠されているのでしょうか……?


女性はテレビ版ドラえもんから見ることにしました。

幼い頃は見たことがあったけど、ジャイアンとスネ夫からいじめられたのび太がドラえもんの道具を使って逆転するストーリーで、大人になってからは見たことがありません。

のび太に注目という仙人からのお告げにしたがって、ヒントを探してみました。

 

しばらくすると、「あれ?のび太ってこんな性格だったっけ?」と気になることが出てきました。

 

「のび太って、結構人の顔色を見てるんだわ。ジャイアンのように強い人の前ではヘコヘコして見せてる。そういうのび太を見るとジャイアンは余計いじめたくなるんじゃないかしら?

 

「あと、スネ夫のように自慢してくる人に対しては負けないって意地を張るから、余計にスネ夫が自慢をする。スネ夫からしたら、鼻っ柱を折りたくなるって感じってことかしら?

 

「出木杉の前だと、のび太は勝手に劣等感を感じて卑屈になってるんだわ!

 

テレビ版ドラえもんを見終わって女性はつぶやきました。

 

「のび太ってもしかしたら相手によって態度を変えているんじゃないかしら?

でもこんなに私は相手によって態度を変えたりはしてないわ。

アニメだから大げさに描いているのね」

 

そして、次は映画版ドラえもんを見ることにしました。

 

 

映画版ドラえもんを見ている女性には以前から気になっていたことがあります。それはテレビ版と映画版とでは、のび太の性格が違うことです。

 

「もしかしたら、この性格の違いにヒントが隠されているのかしら……?」

女性は首をかしげながら見始めました。

 

しばらくすると気になることが出てきました。

 

「テレビ版のび太は、ドラえもんに頼りっきりでまるで依存しているみたいだったけど、映画版のび太はピンチにはしっかりしてリーダーシップを発揮しているわ

 

映画版になるとジャイアンとスネ夫は協力的になるのよね。のび太の違いが影響しているのかしら?」

 

「映画版のび太はよい人だから人間関係が悪くなりそうな要素は見当たらないわ

 

女性が映画を見終わると、どこからともなく仙人が現れました。

 

仙人が女性に言いました。

「テレビ版と映画版を見比べて、いろいろ感想が出たようだのう」

 

すると女性はうなずき、真面目な顔でこう言いました。

「両方を見比べてみると、のび太はまるで別人のようでした

テレビ版ではヘコヘコと媚びへつらったり、意地をはったり、卑屈になったりしていたけど、映画版ではリーダーシップを発揮して、友達のピンチを救っていました。

もしかしたら、そこに人間関係に影響するものがあるのではないかと思いました」

 

仙人は嬉しそうにニコーっと大きく笑いました。

「ちゃんと区別がついたようじゃな。

この違いは、

自分らしさ

なんじゃよ。

自分らしさとは、自分の心の中心にある元々持っている素晴らしさということなんじゃ。

 

テレビ版のび太は自分らしさが出ていない。媚びへつらう、意地をはる、卑屈になるというのは、のび太が元々持っている良さとは違うものじゃ。

 

しかし映画版のび太は素晴らしさを発揮する。それがリーダーシップとなる。素晴らしさを発揮しているのび太に対して、周りは意地悪しようとは思わない。素直に協力したいと思うのじゃ。

 

女性はパアッと晴れたような顔になり仙人に言いました。

「テレビ版は自分が持っている素晴らしさを発揮できていないから関係性が悪くなり、映画版は発揮できているから関係性が良くなるんですね!」

 

そこまで言うと、女性の顔が曇ってしまいました。

「でも、私はそんな素晴らしさを持っているかしら……」

 

仙人が言葉を強めて言いました。

「それじゃ!そういうところじゃ!なぜ自分を疑うのじゃ!!

お主の人間関係が悪くなるのは、そうやって自分を低くするからなんじゃよ。

 

自分を低くするお主を見て、人は

「この人を変えたいから強く出よう」

「そういう態度は見たくないから避けよう」

「ふん、ばっかみたい」

と無意識に態度を決めているんじゃよ!

 

自分の無意識の対応と、相手の無意識の対応の応戦をしていることが、人間関係が悪化している原因なんじゃ

 

仙人に言われた言葉で、女性の目に涙が溢れてきました。

「ずっと、自分が我慢していたらいいって思っていました。イヤなことがあっても、私が我慢して言葉に出さないようにしたら、その場は丸くおさまるって。だけど、無意識に私がしていた対応に相手も対応していたんですね。

 

私、自分を低くして我慢するのをやめたいです。私も自分らしさ溢れる人になりたい。自分の素晴らしさをちゃんとわかって、映画版のび太のようにちゃんと仲間を作りたい」

 

仙人は穏やかな顔で優しく告げました。

「今は元々持っている素晴らしさはお主には見えてないかもしれない。しかしちゃんとあるんじゃ。

その紙に書かれた者を頼るがよい。お主の素晴らしさを見抜いて、花咲かせてくれるぞ。

 

人間関係だけではなく、お主が望んでいることが叶っていくから楽しみにしてるがよい

 

仙人はそこまで言うと、煙のように消えていきました。

 

残されたのはスマートフォンほどの小さな紙。そこには「自分らしく輝くことをサポートする、市原冴也香」と書かれていました。

女性は紙を見つめしばらく考え、そして決意したように顔をあげました。

 

 

数年後、とある会社で部下の話を聞いている女性がいました。

「そっか。人間関係がうまくいかないのね」

 

部下は泣きそうな顔をしながら頷きました。

「そうなんです。取引先で苦手な人がいて、あの方の前だと緊張しちゃってうまく話せないんです。それで『まごまごするな!イライラする!』って怒られてしまって……。

私も部長みたいに誰に対しても対等に話せて、凛とした女性になりたいんです!!」

 

女性は微笑みながら優しく言いました。

「テレビ版ドラえもんと、映画版ドラえもんを見るといいわよ。その中でものび太に注目して見るといいわ。今あなたに必要な答えはそこにあるわよ」

 


自分らしく輝くコツ、
無料プレゼント中!

※LINE公式を友だち追加後に「プレゼント」とメッセージを送るとお受け取りいただけます




20代のうちに読んでおく
E-BOOKを無料プレゼント:あなたが内面からキラキラ輝くには?

あなたは今の自分に満足していますか?

もしも、少しでも不満があるなら、今からでも輝きたくはありませんか?

人間関係を劇的に変える関係コンディショニングと長期継続コーチングで得た知識と経験をまとめました

31ページに渡って詳細に解説しています

ぜひ、あなたの人生の一部としてご活用ください

(お受け取りにはLINE公式を追加いただく必要がございます)