愛されているか不安になったら必読!努力しないでも愛で満たされ続ける方法

『大切な人がいて、とっても愛している!
でも、寂しいけれど私への愛は感じない・・・。
もっと努力したら愛してくれるようになるのかな・・・。』

もし、上記のようなことを思っているなら、ぜひこちらのコラムをご覧くださいね。

努力しないでも愛されることについてお話しをしていきます!

愛を手に入れるために努力すること

相手のために努力をしたからって必ず報われるわけではないって分かっていても、それでも居ても立っても居られなくて、何かしないと落ち着かない!ということをご経験されたことはないでしょうか。

では、何をしたら愛を手に入れられるかというと、それは
「自分自身を一番愛すること。大切にすること」
です。

とても当たり前のことのように感じるかもしれません。
それでも、これが愛を手にするための一番の近道です。

なぜなら、相手のために何かをするということは結局自分のためなので、それって相手に伝わってしまうんです。

せっかく努力したにも関わらず、相手の方に「頼んでもないのに恩着せがましい」と感じさせてしまうかもしれません。

ちょっと嫌な言い方をすると、愛して欲しいって自分の「エゴ」なんです。

そしてエゴって周りの人が気づいてしまうものだったりします。

そこはかとなく伝わる雰囲気がある

親しくなくても、さらには話したことがなくても、「あ、この人きっとこんな人なんだろうな~」って感じることがあります。

道ですれ違っただけなのに、
「あ、この人きっと穏やかで、幸せなんだろうな~」
「あ、この人きっと自己主張が激しい人なんだろうな~」
「あ、この人きっと自分に自信がないんだろうな~」
など。

話したことがないにも関わらず、「きっとこんな人なんだろう」って感じてしまうのは、一体なぜでしょう。そしてどこから感じるのでしょうか?

それは、「雰囲気(トーン)」から感じられます。

元々その人が持つ素晴らしい要素だったり、ネガティブなセルフイメージが、雰囲気として醸し出されています。
それを周りの人はキャッチしています。

<< セルフイメージについてはこちらで詳しく説明してます!

その雰囲気は、近しい関係であればあるほと「きっとこんな人だろうな~」から、「この人って本当にこういう人!!」とレッテルを貼られるように決めつけが入ってしまったりします。

「あの人に愛されるために努力しよう」というのはネガティブなセルフイメージから来ていると考えられるため、例えば「私は努力しないと愛されない」や「努力しないとここにいられない」のようなものが雰囲気となって醸し出され
、「(俺のために努力してるんじゃないくせに)頼んでもないのに恩着せがましい」と思わせてしまいます。

(自分が気が付かないうちに「やってあげてる」に関連する言葉や行動をとっている可能性もあります。そしてやっている本人にはその自覚はありません)

愛して欲しいのは、誰でしょう?

愛して欲しいから努力する。

一体、誰に愛して欲しいと思っているのでしょう?

それは、「自分自身」です。

本当は自分自身に愛されたがっています。
自分が愛で満たされていないから、人の愛で補おうとしています。

ですが、人からいくら愛されても、自分自身が満たされることはありません。

一時は満たされたような感じがしますが、時間が経過していくと「もっと!」となることと、相手の行動に一喜一憂したり、疑心暗鬼になってしまいます。

自分に気に入らない部分があったとしても、「そんな私でもいいよ!」と肯定してあげてください。

時々「今日は何が食べたい気分かな?」と自分に尋ねてみてください。

何もできない日があっても「そんな私でもOK!」と承認してあげてください。

自分自身の愛で満たされたら、人から愛をもらわなくても満たされ続けます。

愛で満たされたあなたは美しい

愛で満たされ続けているあなたは、周りからみてとても魅力的に映ります。

自分の足で凛と立つ姿はとても美しい。

そうすると、お付き合いする人も変わってくるでしょう。

あなたが努力しなくても、あなたをとっても愛している人が表れるようになります。

だから、あなた自分を愛して、自分の愛で満たされ続けてくださいね。

▼20代のうちに読んでおく!あなたの内面からキラキラ輝くコツを無料プレゼント中!


ぶっちゃけず、腹を割らずに人間関係を劇的に変える!

人間関係で悩んでいませんか?そして人間関係で悩んでいるこの瞬間は重苦しい心持ちではないでしょうか?是非、今までに無い「関係コンディショニング」という人間関係のアプローチ手法でスッキリさせて、次に進んでください!