盛り上げる度に傷つく、お笑い役から卒業したい!

ついつい、人からからかわれてもお笑い担当のような振る舞いをしてしまう・・・。
本当の自分はお笑い担当ではないから、結構こういう扱い方はつらいんです・・・。

そんなあなたに今回のコラムを送ります!

つい気づくと人を笑わせている

気付いたらいつの間にかお笑い担当のように、面白いことをひそかに求められる立場であったり、ボケたり、時にはからかわれて苦笑いを浮かべたり。

それはあなた自身が望んだことでしょうか?
そうではなければ、なぜこうなってしまったのでしょうか?

また、お笑い担当の立場で自分がそれを良しと思っていないってことは、毎回毎回心にちょっとずつ傷がついていっていることでしょう。

笑われたくないけど、笑われることに慣れてしまい、むしろ笑ってもらわないと自分の価値を見出せないような気がしてしまう。
だから自分から笑いを取りに行ってしまうこともあるかと思います。

そしてあなたがその不本意ながらも笑いを取りに行っているということは周囲にいる人は気が付いている可能性があります。

なぜ、周囲が気づいているのか?

では、なぜあなたが笑いを取りに行っていることに周囲にいる人が気が付いているのかというと、それは「セルフイメージ」が影響しているからです。

この「セルフイメージ」については何度かお伝えしているものになりますが、自分の思い込みのようなものになります。

このセルフイメージという思い込みは無意識の中にあるものなので、自分で自覚することは難しいです。

自分で自覚が出来ないけれども、その人の行動・発言・雰囲気に大きな影響を与えてしまうというものです。

例えば「私はだらしがない人間である」という思い込みがあれば、

・めちゃくちゃしっかりきっちり片付ける
・だらしがない人間を見るとイラっとする
・だらしがない人間だと思われるなんて絶対にイヤ

という無意識の部分で行動するため周囲の人は

・あの人私のことをだらしがないって思われているんだろうな
・あの人自分のことをだらしがない人間って思ってそうだな
・だらしがないことを許さなそうだな

というようなことを思ったりします。

お笑い担当となってしまう方のセルフイメージにはもしかしたら

「私は嫌われ者」

という思い込みがあるかもしれません。
(人によって異なるでしょうからこれが絶対あるとは断言はできません)

「私は嫌われ者」というセルフイメージがあるから人から嫌われないように孤立しないようにしていて、お笑い担当という立場を甘んじて受け入れているかもしれないという推測は立てられます。

私は嫌われ者というセルフイメージが無意識にあるとしたら、ちょっと卑屈な部分が人からは見え隠れしていることでしょう。

「あの人ってなんか卑屈だからそれを直してやりたい!」、「あの人の卑屈な部分が気に入らないから抑え込みたい!」というふうに周囲の人は影響を受けて、行動・発言している可能性があります。

それは本来のあなたではないですし、あなた自身も周囲の人も、あなたを小さくしてしまっています。

お笑い担当から卒業するには

では、その不本意な笑い担当という立場から卒業するにはどうしたらよいのでしょうか?

その質問の答えは「こんなふうな行動をしましょう」や「こんなふうな発言に気をつけましょう」というものではありません。

行動や発言に気を付けたとしても、そこはかとなく漂ってくる「セルフイメージ」が影響している雰囲気が変わらない限り、周囲の反応は変わりません。

周囲の人があなたを大きな存在として、そしてあなた自身も自分を大きな存在として接するためには「セルフイメージ」を手放す必要があります。

「セルフイメージ」を手放す方法についてはこちら(↓↓)のコラムにありますので、ぜひご覧になって手放してみてください!!

>> セルフイメージを手放したい方はクリックしてくださいね <<

さいごに

「セルフイメージ」は自分の行動や発言を小さいものにしてしまいますが、手放すことで今までと違ったパワフルなことが起きてきます!

自分の人生をこのままで終わらすか、人生の転換を迎え入れるかはあなたのこの選択で決まります。

そしてその選択した先の未来を楽しみにしてくださいね!

寂しさで心がざわつきを感じるあなたに伝える、孤独感との決別法!

2018年12月18日

ぶっちゃけず、腹を割らずに人間関係を劇的に変える!

人間関係で悩んでいませんか?そして人間関係で悩んでいるこの瞬間は重苦しい心持ちではないでしょうか?是非、今までに無い「関係コンディショニング」という人間関係のアプローチ手法でスッキリさせて、次に進んでください!