話し合いはしないでOK!コツもいらずに人間関係を良くする方法、大公開!

「よく話し合ったら分かり合えるから話してみたら?」という言葉は、職場や家族や友人などの関係性において、聴かれることがあるセリフかと思います。

実はこの「よく話し合ったら分かり合える」は有効な解決方法ではありません。
ではなぜ有効な解決方法ではないか、今回は「よく話し合ったら分かり合える?」についてお話をしてまいります。

なぜ話し合いは有効な解決方法ではないのか?

なぜ話し合いは有効な解決方法ではないのでしょうか。
「相手と同じ価値観であること」
これは話し合う上の大前提だと思っていることです。

ただ、はたしてそれが有効な考えでしょうか?

想像してみてください。
日本に住んでいて日本の価値観を有しているあなたが、ブラジルのアマゾン行ったとします。

そこに住んでいる人たちは、あなたと全く異なる環境・文化で生活をしています。

ではそこの人たちと通訳を介して話をしてみると、どんなことを感じるでしょうか?

例えば教育の話を聴いてみたとします。

きっと「全く異なる環境だから、教育も違うだろう」という前提で話を聴くことでしょう。
そして全く異なることに対して、なんで日本と違うんだと寂しく思ったり、違うことに対して腹を立てたり、「そんなのおかしいよ!」と責めたりするでしょうか?

恐らくしないと思います。

何故なら、「文化も言語も異なる人たちだから異なるのが当たり前」という認識を自然と持っていらっしゃるからだと思います。

だから「異なっていて当たり前」と思って話をするので、発見はあれども、異なっていることに対して、悲しんだり腹を立てたりすることがないわけです。

同じ文化・環境の場合は?

では、同じ日本に住んでいる、もっと言うとあなたのご家族であったり、あなたの会社であったり、あなたの友人の話を聴くときには「人は違っていて当たり前」の感覚はあるでしょうか?

繰り返しますが、あなたは十分に「自分と人は違っていて当たり前」の認識は持っています。

それなのに、近しい人のことになると「同じ環境にいるのだから、価値観も同じであって当たり前」となり、「自分と人は違っていて当たり前」の認識が薄くなってしまうのです。

コミュニケーションにずれが生じるのは、ここが大きなポイントなのです!

価値観が異なるどころか、相手の頭の中を見ることもできません。

それなのに「よく話し合ったら分かり合えるから話してみたら?」は、はたして有効でしょうか・・・?

よく話し合って分かり合えるなら、もっと人間関係がスムーズにいくはずです。

会社でわかってもらえないことに孤独感ややるせなさを感じたりすることもないはずですし、家族とすれ違うこともないはずです。

では、人間関係において何が有効なのか?

人間関係において有効なことは「自分の価値観を一旦横に置いて、相手の話を聴く」ことです。

どうしても自分の価値観のフィルターを外すことは難しいですが、「自分の価値観のフィルターを通しそうになるけど、それは一旦横に置く」ことはできそうじゃないでしょうか?

年齢、性別、出身、環境、文化、出自、賞罰など、「こんなことまったく理解できない!!」ということもたくさんあります。

理解する必要はないのです。
一旦横に置くのです。

私は元々キャリアコンサルタントですが、最初は大変難しいと感じました。
どうしても自分の価値観で「それは相手の人はひどいね!」なんてことを言いたくなりました。

しかし自分の価値観を一旦横に置けるようになると、相手の本質を理解する姿勢になれるようになりました。

そこが、あなたの人間関係でつかんでいただきたいことです。

さらに深めていくと・・・
価値観を一旦横に置けるようになったら、さらに関係性を深めることをやってみませんか?

それはどんなことかと言うと、「あなたの価値観はそのまま持ちながら、あなたの価値観フィルターを自由に外せるようになる」ということです。

常にどんな時も、思い込みに煩わされず人と向き合える。
思い込みに煩わされずものごとを見られる。
思い込みに煩わされず判断ができる。

そんなあなたになることに興味はありませんか?

価値観フィルターが外れると・・・

この価値観フィルターは「セルフイメージ」というものです。
不思議なもので「セルフイメージ」は雰囲気としてあなたからふわっと漂っています。

心の奥底では自分に自信が持てない・・・。だから強がってしまう。
その場合は「あの人、臆病なんだろうな」と何となく周囲の人が思ってしまったり。

心の奥底では自分ってどうせ愛されない・・・。だから好きになってくれない人ばっかりを好きなる。
その場合は「あの人、寂しい人なんだろうな」と何となく周囲の人が思ってしまったり。

そんなふうに、自分では決して認めたくないし、顕在意識ではそんな自分であるということを認めていないのに、雰囲気として漂って周囲の人に伝わってしまうんです。

この価値観フィルターを外せるようになると、雰囲気が変わってきます。
本来のあなたの良さが前面に出てきます。

そうすると周囲の人からの対応が変わっていきます。
そうやってあなたは変わることができるのです。

そういう本来のあなたになることにご興味がありましたらこちらをご覧ください!
>>あなた本来の良さを知る為に<<


ぶっちゃけず、腹を割らずに人間関係を劇的に変える!

人間関係で悩んでいませんか?そして人間関係で悩んでいるこの瞬間は重苦しい心持ちではないでしょうか?是非、今までに無い「関係コンディショニング」という人間関係のアプローチ手法でスッキリさせて、次に進んでください!